×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

おいしい黒茶 うまい後発酵茶 

黒茶(くろちゃ)後発酵茶とは

緑茶にコウジカビによる、通常の意味での発酵を行わせたものです。プーアル茶は黒茶に分類されるます。

 

 

黒茶(こくちゃ、くろちゃ)は、中国茶のうち、麹菌により数ヶ月以上発酵させる後発酵製法により作られる茶を指します。

 

 

殺青の工程を経て、まだ水分を含んでいる茶葉を高温多湿の場所に積み上げて、微生物による醗酵を利用して作る。

 

その代表格は血中の脂肪酸を分解する働きがある普耳沱茶。

 

ワインと同じく寝かせて年数のたったお茶は「陳年」と呼ばれ、珍重される。

 

熟成期間が90年というものもあるとか。

 

 

一般に茶(中国茶)は製法の違いにより青茶・緑茶・白茶・黄茶・黒茶・紅茶の6種類に分類されるます。

 

 

独特の味と香りをもつ黒茶の代表格は雲南省のプーアル茶ですが、他にも広西チワン族自治区の六堡茶や四川省の唐磚茶などがあります。

 

タイ、ミャンマーでは同様の製造方法を経た茶を食料(ラペソー)として食べています。

 

 

なお、日本でもが黒茶は製造されており、四国が主な生産地です。